腰椎椎間板ヘルニアを治療しよう~ラクな生活を送るために~

先生

最近の腰痛治療

病院

内視鏡が用いられます

最近の高度なヘルニア手術は、肉体的な負担を抑えて実施されます。特に名医が行う内視鏡手術の場合には、ピンポイントで問題となっているヘルニアの治療が可能です。このような内視鏡を用いたヘルニア手術の場合には、時に日帰りで実施されることもあり、経済的な負担も減るのが魅力となります。名医の評判を得る医師は、かなり精度の高いアプローチが可能です。内視鏡を使ったヘルニア手術には、幾つかの方法があります。椎間板部分にレーザーで空洞を作り、徐々にヘルニアを改善させるPLDDと呼ばれる方法や、極細の器具でヘルニアの部分を除去するPELDなどがその一例です。いずれの方法の場合にも、最小限の切開でアプローチが出来ます。

医師の技術を見極めます

ヘルニア手術は、実の所執刀する医師の技術が物を言います。こういった椎間板の手術では、神経損傷のリスクが少なからず伴うのが常です。従って、精度の高いヘルニア手術を受けることが後遺症を予防するための最善の策と考えられます。名医の場合にはこういった技術の点で定評を得ており、ヘルニア手術の頼れる存在となっています。神経の損傷が起こると、痛みやしびれといった障害が後々まで残ります。場合によっては生活に支障が出ることも、あるため注意が必要です。こうした後遺症への懸念から、これまではヘルニア手術を躊躇する方も多く見られました。名医と呼ばれる熟練した医師が各地に現れていることで、現在ではより安全な治療が受けられます。